初診の方限定WEB予約

狭山市の歯医者 あおば歯科│歯周病治療

0120-75-1314

歯周病治療

歯周病

狭山市 あおば歯科クリニックの歯周病治療

~日本人が歯を失う原因ナンバー1の歯周病を治すために~

歯周病にかかっていない自信がありますか?

s-173.jpg

歯周病の治療をいちばんの理由(「主訴」といいます)に来院される方は少ないです。たいていの場合、主訴はむし歯や被せ物・詰め物が取れたということが多いです。

でも、歯周病は重度なのに気づいていない人が多く、放置しておけば歯を失ってしまう恐ろしい病気です。実際、初期の状態も含めると成人の8割以上が歯周病にかかっているというデータもあります。

日本人の抜歯する理由ナンバー1は歯周病です(42%)。これはほとんど知られていません。そのため、歯周病にほとんど関心がない、特に若い人ほどそのような傾向があります。しかし、歯周病がひどくなってからでは治療に時間とお金がかかってしまいます。できるだけ早く治療したほうがいいです

歯周病は突然起こる病気ではありません。若いうちから気をつけておけば十分に予防できます。40代以上の方でも、きちんと治療をすれば治りますので、ご安心ください。

歯周病治療の流れ

1.歯周病の検査と理解

先ほど「気づいていない人が多い」と書きましたが、自分が歯周病であることを認めない方(むしろ認めたくない)も多いです。そこでまず歯茎の検査を行います。「歯周ポケット」がどれだけ深いかを調べます。そして、位相差顕微鏡を使って、ご自身のお口の中の歯周病菌を確認していただきます

2.ブラッシング指導

まずはちゃんと歯磨きできることからスタートです。通常2回ほど必要です。歯磨きは本当に大事です。

3.歯石を取っていく

s-IMG_0941.jpgブラッシング指導と同時に、歯石を取っていきます。写真のように、拡大鏡を使うので小さなところも見逃しません。

まずは歯茎の上に付いている汚れを取ります(スケーリング)。また、歯茎の下に付いている場合もしっかりと除去していきます(ルートプレーン)。必要であれば、歯周外科の治療も行います。

歯石の中には歯周病菌が潜んでいます。最終的に目指すのは、お口の中から歯周病菌を一掃することです。治療終了まで期間がかかるかもしれません。いっしょに治療をがんばりましょう! 

できるだけ歯を残すために

歯周ポケットが深くなくても歯周病菌がいる場合があります。歯周病治療は歯周病菌を退治する治療です。胃潰瘍は昔、ストレスが原因と言われていましたが、現在はピロリ菌が主な原因とされています。ピロリ菌がいれば、自覚症状がなくても治療を行います。

同じように、歯周病菌の治療も考えてほしいのです。自覚がなくても、歯周ポケットが浅くても、顕微鏡で歯周病菌が発見されたら治療をしましょう。詳しい細菌検査も行うことができます。通常の歯磨き、スケーリングで治療が難しい場合は、お薬も使います。

狭山市 あおば歯科は歯周病治療に力を入れています。わからないこと、不安なことがあれば、ご遠慮なく質問してください。私たちは、患者様のお口の健康のために全力を尽くします!